PlainWindow は「このウインドウは、ここに、この大きさであって欲しい」を実現するツールです。 次のようなことができます。

  • ウインドウをドラッグで隙間なく並べたり、格子に合わせて等間隔に配置できます。
  • タイトルバーがなくてもドラッグで移動したり、サイズ変更縁(ボーダー)でなくてもウインドウの端をドラッグすることでサイズを変更します。
  • タイトルバーを非表示にしたり、ウインドウの縁スタイルを変えます。
  • ウインドウ・タイトルを設定します。
  • オーナーを持つウインドウのオーナーを解除して独立して表示できるようにします。
  • 常に最前面を設定・解除します。既定では Shift と Ctrl を押しながら T を押すと、マウス位置にあるウインドウの「常に最前面」を切り替えます。
  • 条件に合致するウインドウを操作なしに自動的に設定します。
  • ウインドウの状態を記憶して、設定を変える前の状態に戻します。

(*)ウインドウの縁スタイルの設定やウインドウ・タイトルの設定は、旧来形式のウインドウに限ります。

(*)アプリケーションやウインドウによっては機能しない場合があります。

 

更に詳しくは、説明書 PlainWindow.pdf(Box から表示) をご覧ください。

 

ダウンロード: PlainWindow(Vector サイトへ)     

 

 スクリーン・ショット:

(ドラッグで並べる例。 スナップ線とスナップ対象を表示)

 

主メニュー

 ウインドウ操作メニュー

 

リリースノート、変更履歴:

  2021/04/06 バージョン 1.7
  ・高分解能ディスプレイでの DPI スケーリングに対応させました。
  ・自動の設定を分かり易く、設定し易くしました。 右クリック・メニューから
    画面での入力に変更しました。
  ・自動の対象ウインドウの条件にウインドウ位置を追加しました。また、サイ
    ズの場合も単に(通常表示などの)状態も指定できるようにしました。
  ・設定画面、「その他」タブの「自動で設定時」は、「自動」タブに移動しま
    した。
  ・自動実行時にツールチップや通知の表示をさせる設定で、自動でウインドウ
    を閉じた時、閉じたことが表示に含まれていない誤りを修正しました。
  ・微調整ダイアログを表示させた時に、目標線を表示するように既定値を変更
    しました。(以前のように表示しないように設定するには右クリック・メ
    ニューの「設定...」を選び「表示時に目標線を表示する」を解除)
  ・微調整ダイアログをキーボードによる操作で閉じる、または、最小化を実行
    すると、次にアクティブになるウインドウに押したキーか渡ってしまう場合
    がある不具合を修正しました。
  ・その他、誤りの修正や改善。
 
  2021/01/15 バージョン 1.6
  ・PC のモダン(コネクテッド)スタンバイに対応させました。
  ・不要な(表示させたくない)ウインドウを自動的に閉じることができるよう
    にしました。自動の設定で行います。具体的には、「設定」画面→「自動」
    タブ→「自動設定する内容」を右クリックして「サイズ」→「閉じる」を指
    定します。
  ・微調整ダイアログを固定表示時にタイトルバーを表示しない設定を追加しま
    した。 「設定」画面→「その他」タブ→「サイズ位置の微調整」→「□ 固
    定時タイトルバーを表示する」で設定します。
  ・その他、誤りの修正や改善。
 
  2020/11/19 バージョン 1.5
  ・主メニューが表示されたままになることがある不具合を修正しました。
  ・微調整ダイアログでキーGを押す等で目標線(スナップ線)を表示できない
    誤りを修正しました。
  ・その他、誤りの修正や改善。
 
2020/10/13 バージョン 1.4

・64 ビット環境で異常終了することがある誤りを修正しました。

・微調整ダイアログを対象の左上に表示することもできるようにしました。

・その他、誤りの修正や改善。

 

2020/10/05 バージョン 1.3

・微調整ダイアログを拡張、修正しました。 (1) 対象の最小化、最大化を切

り替えることができるようにしました。 キー N で最小化、キー A で最大

化が切り替わります。 (2) Shift キーの併用で近くのウインドウ、画面の

端、等間隔仮想格子、までサイズを増加、または、移動します。 (3) Ctrl

キーの併用で画面端までサイズを増加、または、移動します。 (4) ダイア

ログ表示を固定後、キーFで元に戻す(固定を解除する)ことができるよう

にしました。 (5) 設定により最初から固定で表示できるようにしました。

(6) 表示を切り替えられるようにしました(キー V と Shift+V)。

(7) ウインドウ操作メニューでの操作対象が正しくないことがある誤りを修

正しました。 (8) キー Q で全ての操作キー、ホットキーの一覧を表示でき

るようにしました。

・ウインドウの操作に「最前面に移動する」と「最背面に移動する」を追加し

ました。

・ホットキーに「最大化を切り替える」、「最前面に移動する」、「最背面に

移動する」等を追加しました。

・CPU 使用率を軽減させました。(元々それ程大きかった訳ではありませんが

)特に自動を設定した場合に効果があります。

・操作対象、選択対象の対象の表示にプロセスを表示できるようにしました。

設定「その他」の「☑ 対象にプロセスを表示する」で指定します。

・選択画面で常に最前面が設定されたウインドウを選択できないことがある誤

りを修正しました。

・その他、誤りの修正や改善。

 

2020/06/20 バージョン 1.2

・ウインドウのサイズ、位置を微調整できるようにしました。 ウインドウ

操作メニュー「サイズ」または「位置」から「微調整」を選ぶとダイア

ログを表示します。 ホットキーへの登録も可能です。 ボタン、または、

キーボードで微調整します。

・ホットキーで対象ウインドウの選択/解除の切り替えや、常に最前面の切

り替えができるようにしました。 既定では Shift+Ctrl+E でマウス位置

のウインドウの選択/解除を切り替え、Shift+Ctrl+T で常に最前面を切

り替えます。

・設定「その他」の「スクリーン内だけを対象にする」を設定しなくても

画面外のウインドウがリストされない誤りを修正しました。

・設定で「リセット」直後にホットキーが動作しない誤りを修正しました。

・その他、誤りの修正や改善。

 

2019/12/28 バージョン 1.1

・通常の使用者権限では操作できないウインドウを容易に操作できるように

するため、管理者権限を取得できるようにしました。主メニューに「管理

者権限を取得」(取得後は「通常権限に戻る」)を追加しました。

・起動時の引数“-minimize”、“+minimize”の動作を変更しました。以前

は、設定の「最小化で起動する」の値を設定していましたが、今後は、こ

の設定を変えずに、引数での指定を優先して、最小化/通常表示で起動し

ます。

・CPU 使用率などリソースの使用状況が分かるようにしました。「ヘルプ」

→「このプロセスについて」で表示します。

・シャットダウンなどセッション終了が、設定の保存が完了する前に行われ

て設定ファイルが破損する場合がある誤りを修正しました。

・その他、誤りの修正や改善。

 

:(この間省略):

 

2018/03/29 バージョン0.0(初版)


最新情報(既知の不具合と次バージョン)

  • 一部の方から「"応答なし"になって起動できない」とご連絡いただいています。原因はまだ分かっていません。もし、Windowの表示タイミングによるものであれば起動時の引数(コマンドライン・オプション)に -min を指定する(最小化で起動する)ことで回避できるかもしれません。 2021/05/21
  • 自動の対象ウインドウのサイズ条件をより詳細に指定できるようにしました。指定のサイズと異なる場合などを追加しました。次バージョンで反映予定です。2021/05/23
  • マウス位置のウインドウ、アクティブ・ウインドウを対象とする幾つかのホットキーで、対象がない場合(例えば、アクティブ・ウインドウを閉じるホットキーでアクティブ・ウインドウがない場合)に例外で異常終了する場合があります。次バージョンで修正予定です。2021/05/23